栃木で叶える理想のデザイン住宅 - TOCHISM -
栃木で叶える理想のデザイン住宅
栃木で叶える理想のデザイン住宅
栃木で叶える理想のデザイン住宅 » 栃木でデザイン住宅を建てたい人のための基礎知識 » デザインの決め方
 

デザインの決め方

 

本ページでは、注文住宅の外観デザインの決め方について、分かりやすく解説しています。家づくりの工程として、外観デザインを決めることは重要なステップといえます。ぜひ、本ページのポイントを参考にしてください。

注文住宅の外観は、あなたの思い通りのデザインが可能

外観を決める注意点

単に満足するデザインを追うのではなく、外観デザインは住まいの資産価値と保守費用に直結するんですよ。重要なポイントは、家のデザイン、窓の配置、外観のカラー、外装に使用する素材によって大きく変わること。これから重要なポイントの具体例を紹介します。希望の外観デザインになるよう、一緒に確認していきましょう。

家の形を決める(シンプルな形 vs 複雑な形)

家の形は、住まい全体のイメージを決定します。シンプルなデザインならスタイリッシュな印象に。逆に複雑なデザインの場合は、高級感や豪華さを演出してくれるんです。

街全体としての調和も大事なポイントなので、奇抜な外観デザインを選択する際は慎重に。また、外壁や屋根などの色合い、素材との組み合わせも大切ですよ。

窓の配置を決める

窓の配置は、外観デザインの中でとても重要です。デザイン面にも大きく影響しますが、何よりも防犯やプライバシー面をしっかり考慮して決めましょう。

室内のデザインに合わせて、窓の位置やサイズを決めることが大切。さらに風通しや光の差し込み具合も一緒に計算して窓の配置を決めることで、より快適な住まいとなります。

外観の色を選ぶ

外観の色によって、住まいの雰囲気が決まります。白系は明るい印象。ベージュ系は、落ち着いた雰囲気。デメリットは、どちらも汚れが目立ちやすいこと。

黒系やブラウン系は、高級感のあるイメージに。逆に鮮やかな色を選ぶと、周辺住宅から浮いてしまうので注意。外壁だけではなく、屋根やベランダとのバランスも重要です。

外観の素材を決める

サイディングは色味が豊富ですが、こまめなメンテナンスが必要。スタイリッシュな住まいに適した金属系サイディングは、傷がつくと修理が大変です。

多彩なデザインができるモルタルは、汚れが目立ちます。耐火性に優れたALCは初期費用が高く、定期的なメンテナンスが必要。

高級感のあるタイルは、初期費用が高いですよ。

使用する外装によっては、住宅の色やデザインがある程度決まる。

注文住宅で悩みがちなのが、外壁や屋根の素材選びです。サイディングやレンガ調など、外壁の素材を決めることで住宅のイメージ、色、デザインが絞られるんですよ。

周辺住宅との調和への配慮を忘れずに。住まいのメンテナンス費用に影響するので、外壁や屋根の素材選びは、デザインと機能面を十分に考慮して決めてください。