栃木で叶える理想のデザイン住宅 - TOCHISM -
栃木で叶える理想のデザイン住宅
栃木で叶える理想のデザイン住宅
栃木で叶える理想のデザイン住宅 » 栃木でデザイン住宅を建てたい人のための基礎知識 » デザイン住宅を建てるときの注意点
 

デザイン住宅を建てるときの注意点

 

本ページでは、デザイン住宅を建てるときの注意点を、7ポイントに分けて紹介しています。機能性、資金、土地、家、ハウスメーカー・工務店選び、契約書、注意点のまとめを解説しているので、ぜひ参考にしてください。

徹底解説!デザイン住宅を建てる時の7大ポイント

外観やデザイン性よりも機能性

デザインに凝りすぎて、実際の生活に不便を出さないこと。コンセントの数、キッチンの高さ、窓の数や位置など、住んでから後悔しないように、生活動線を考慮しましょう。機能性を確保した範囲で、外観や内装のデザインを楽しむことが重要です。

お金

デザイン住宅の注意点は、費用が建売住宅より高くなること。自分らしさを希望すれば、坪単価はさらにアップします。綿密な資金計画を作成し、ご自身のライフプランに適した予算を組みましょう。住宅ローンを組む際は、複数の金融機関で比較することが大事です。

土地

これから長く住むための土地探しはとても重要。長期的な生活の利便性と災害に強い土地なのか、多角的にチェックします。住宅建築が確定しない段階で、土地だけのローンを組むことは大変。土地探しは建築業者探しとセットで行うと、建てたい住まいを実現できるでしょう。

耐震性、生活動線の利便性、収納力の確保、省エネ、メンテナンス費用など、デザインを重視することで忘れがちなポイントです。将来的に売却をする際、可変性が低いデザインだと買い手がつきにくい場合が多い。デザイン住宅を決める前に、しっかり確認してみましょう。

ハウスメーカー・工務店選び

建築業者探しは、デザイン住宅で重要。総合力が高いハウスメーカーは、全国展開なので信頼できますね。一方で、地域密着型が多い工務店は、地元に最適な家を提案できます。必ず複数社に見積もりを依頼し、じっくり比較してください。

契約書

4~5ヶ月前に持参されるので、徹底チェックします。まず、「手付金と契約解除のルール」を確認。次に、依頼主に不利な条件ではないか「瑕疵担保責任」を見て確かめます。「危険担保特約」があれば、引き渡し前に災害で住宅が倒壊した際に安心ですよ。必ず契約書の注意点を理解しましょう。

まとめ

「デザインを重視する」住宅とは、デザイン性が高いだけではなく、快適に暮らせる住まいであること。その際に、機能面の確保、コストのバランス、工法選択といった、家づくりの要素をしっかり調和させることが大切なんですよ。プロに任せる部分はしっかり任せ、満足できるデザイン住宅を手に入れましょう。